平成28年度事業報告

自 平成28年4月01日
至 平成29年3月31日
概況
当協会は、交通安全の普及を目的とする公益目的事業のほか、収益事業として「受託事業」、「教習指導員等養成事業」、「特別練習事業」、「教材調達事業」及び「証紙売捌事業」を実施している。
【主な事業の実施状況】
第1 交通安全普及に関する公益活動
  1. 地域の交通安全教育センターとしての活動
    協会は、各教習所が地域と連携して行う交通安全教育センターとしての諸活動に要した経費の一部を助成した。
  • ( 1 )
  • 教習所の一日開放等による各種交通安全啓発活動に対する支援
  • ( 2 )
  • 高齢運転者再教育講習(シルバー・ドライバー・ドック)の実施と支援
  • ( 3 )
  • 交通安全啓発・教育活動に使用する資機材の購入
  1. 埼玉県警察本部が行う交通安全啓発・教育活動への協賛と支援
  • ( 1 )
  • 各季の交通安全運動対策
    • 広報用ポスター(新入学児童・生徒の交通事故防止、飲酒運転根絶啓発など)
    • 啓発品(ディズニー反射キーホルダーなど)
    • 第16回交通安全教育技能コンクール県大会
  • ( 2 )
  • 運転者対策
    • 広報用ポスター(路上寝込み、飲酒運転の根絶など)
    • 交通事故防止グッズ(反射フリンジなど)
  • ( 3 )
  • 高齢者交通事故防止対策
    • 交通安全高齢者自転車大会
    • 老人福祉センター及び地域包括支援センターと連携した安全運転啓発品の配付
    • 啓発品(反射だるまキーホルダーなど)
  • ( 4 )
  • 自転車・二輪車対策
    • 鉄腕アトムラッピング電車
    • 自転車安全利用リーフレット
    • 自転車安全利用5則の普及促進用付箋セット
  • ( 5 )
  • 生徒に対する交通事故抑止対策
    • スケアード・ストレト教育技法による自転車交通安全教育
  • ( 6 )
  • その他
    • 児童養護施設入所児童等に対する運転免許取得支援事業の継続実施
    • 「埼玉サイクルエクスポ2017」への協賛
    • 交通安全・マナー向上啓発イベント
    • 交通死亡事故対策カレンダー、交通事故ハザードマップの配付
  1. 寄付
    交通遺児援護基金、交通安全対策のための寄付
第2 その他の事業活動
  1. 受託事業
  • ( 1 )
  • 指定自動車教習所職員講習 21回 1,642人
  • ( 2 )
  • 運転免許センターにおける更新時講習 345,846人
  • ( 3 )
  • 特定任意講習 50人
  1. 教習指導員等養成事業
  • ( 1 )
  • 新任教習指導員養成講習 106人
  • ( 2 )
  • 新任技能検定員養成講習 32人
  • ( 3 )
  • 応急救護処置指導員養成講習 45人
  1. 特別練習事業
    運転技能の練習をしようとする者343人に対して、危険防止及び安全な運転を指導するため、会員教習所所有の車両を使用して特別練習を実施した。
  1. 教材調達事業
    会員自動車教習所における教習用教材などの物品調達の利便を図るため、教材及び資材並びに各種出版物等の斡旋、取次を行った。
  1. 証紙売捌事業
    埼玉県収入証紙を売り捌き、各教習所の便宜を図った。
第3 教習・検定水準及び教習サービス向上推進事業
  1. 教習・検定水準の維持向上
  • ( 1 )
  • 教習指導員教習技能競技大会の開催
  • ( 2 )
  • 全国指定自動車教習所学科教習競技大会への出場
  • ( 3 )
  • 安全運転中央研修所における各種研修課程の受講
  • ( 4 )
  • 全日本指定自動車教習所協会連合会主催の各種研修会への参加
  1. 教習サービスの向上
  • ( 1 )
  • 感染症予防対策の推進
  • ( 2 )
  • 事故者率を減少させるための目標管理
  • ( 3 )
  • 指定自動車教習所広報月間及び「指定自動車教習所の日」の推進
第4 教習所の業務管理体制の充実と健全経営
  1. 長期ビジョン研究会による調査研究
  2. 公正競争規約の適正な運用と定着化
  3. 教習車両の減免手続き